シークヮーサージュース 販売店

シークワーサーってスゴい!

シークワーサーの効果・効能をご存知ですか?

 

ダイエット効果や美白効果をはじめ、生活習慣やコレステロールや脂肪分解など男女問わず嬉しい効能がたくさん入っています。

 

 

中でも「ノビレチン」という成分はグレープフルーツの267倍も含まれています。

 

ノビレチンはダイエット・美白・ダイエットサポートに効果がある優秀な成分です。

 

 

 

その他にも、シークワーサーには様々な効果や効能がありますので気になる方はこちらの記事がおすすめです。

 

合わせて読みたいシークワーサーの効果・効能

 

 

 

 

そんな万能すぎるシークワーサーですが、全国で販売店や取扱店を探している人が多いようです

 

しかし、シークワーサーは沖縄では価格は安くいつでも入手できますが、沖縄以外では中々入手できません。

 

八百屋や果物屋、スーパーなどの食品コーナーにもほとんどありません。

 

沖縄に住んでいない私たちが目に出来るのは12月〜2月末のシーズンだけではないでしょうか?

 

では、どうやってシークワーサーを入手していくか?その方法をご紹介します。

 

 

 

シークワーサーの入手方法

 

シークワーサーが全国的に入手できるのは、果物の果実として出荷される12月〜2月末の期間です。

 

この時期には全国的にシークワーサーの果実を手に入れることができます。

 

 

シークワーサーをお店に足を運んで買える期間は3ヶ月しかないということになります。

 

 

スポンサーリンク

 

 

シークワーサーの食べ方

 

あなたはシークワーサーを食べる(摂取)するときにどのような食べ方をしますか?

 

シークワーサーは直径が3センチくらいしかない柑橘系の果物です。

 

レモンやみかんのように皮を剥いて食べますか?

 

中々そのような通常の柑橘系の食べ方はしないですよね?

 

どちらかというと、絞って揚げ物にかけたり、ドレッシングに混ぜたり、お酒に切って入れたり調味料的な摂り方をされる人が多いのではないでしょうか?

 

 

 

クックパッドでシークワーサーと調べてみても果実の調理の仕方はほとんどありません。

 

 

 

そこで気付きませんか?

 

この状態のシークワーサーである必要ないですよね?

 

シークワーサーの絞り汁があればいいですよね?

 

 

 

 

そこでおすすめなのがコチラ。

 

 

 

『青切りシークワーサー100』というシークワーサーの原液なのですが、ビン1本にシークワーサー302個分の原液(搾り汁)が抽出されています。

 

 

 

この原液があれば、シークワーサーの果実を買えなくてもシークワーサーを摂ることができます。
むしろ効果的に摂取していくことが可能です。

 

 

 

 

 

 

シークワーサーの原液って本当にいいの?

 

先ほど紹介したシークワーサーの原液は本当にいいのか?

 

答えは、良いものは良いが、悪いものも混ざっている。というのが現状です。

 

元々、シークワーサーの原液は沖縄特産販売という会社がシークワーサーの名産地と契約し原液を販売していたのですが、今ではそれを真似してシークワーサーの減益を販売している会社がたくさんあります。

 

 

楽天市場で「シークワーサー 原液」と検索すると、

 

 

このようにたくさんの原液が販売されていますが、この全てが沖縄の良質なシークワーサーを使用しているかはわかりません

 

 

シークワーサーの原液を買うのであれば、きちんとした農園と契約し、その内容をクリーンに表示している青切りシークワーサー100がおすすめです。

 

 

 

 

 

シークワーサージュースは通販で。

 

シークワーサージュースは通販で買うことができます。

 

ジュースとして販売しているモノと、原液で薄めて飲む用に販売しているモノがありますので買うときは気をつけてください。

 

 

原液だと、ジュースだけではなくドレッシングや揚げ物にかけたりなど使える幅が広がるからおすすめですよ。

 

わざわざ割って飲むのが面倒くさいという方はジュースを買ってもいいのですが、原液のほうがコスパ的にもかなり優れています

 

 

 

通販だとシークワーサージュースを年中買うことができるので、シークワーサージュースを1年中飲むことができます!

 

買いに行く手間も省けるしいいことだらけですね♪

 

 

 

 

通販でシークワーサージュースを選ぶときのポイント!

 

シークワーサージュースの良し悪しは、

 

シークワーサーの品質 × 加工方法 で決まります。

 

良いシークワーサーを使っていても、着色料や香料、保存料、砂糖などの添加物が多く使用されていたりすれば体に良くないです。

 

 

 

通販でシークワーサージュースを選ぶときは、

  • シークワーサーの産地が沖縄
  • 無添加
  • 青切り
  • 皮ごと丸搾り

この条件をクリアしているシークワーサージュースを選びましょう!

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

シークワーサージュースの作り方・レシピを紹介

 

おすすめのシークワーサージュースの作り方を紹介していきます!

 

今回は、『青切りシークヮーサー100』を使うことを前提に紹介していきます。
シークワーサーの原液によっては濃さがかなり変わってきますので分量が変わってきます。

 

 

シークワーサーウォーター&ソーダ

 

シークワーサー100・・・20ml
水 or ソーダ・・・100〜160ml
氷・・・適量

 

基本的な飲み方は水かソーダで割る飲み方です。
青切りシークワーサー100を5〜8倍の好みで薄めてください。

 

シークワーサー本来の酸味とほのかに感じる苦みを感じることができます。

 

 

ホットシークワーサー

 

シークワーサー100・・・20ml
お湯・・・100ml
はちみつ・・・お好みで少量

 

ホットシークワーサーは、はちみつを入れることで酸味、苦みがありながらもほのかな甘みを感じることができます。
夜のやることが終わった後に飲むとホッとする一杯です。

 

 

紅茶

 

意外と合うのが紅茶です。

 

普段あなたの飲んでいる紅茶にシークワーサー100を5〜10mlほど混ぜてみてください。

 

後味がスッと抜ける、いつもと一味違う紅茶を楽しめます。

 

 

シークワーサーゼリー

 

シークワーサー100・・・80ml
お湯・・・200ml
粉ゼラチン・・・5g
砂糖・・・大さじ3
ヨーグルト(プレーン)・・・100g

 

混ぜて固めた後に、ヨーグルトをトッピングでかければシークワーサーゼリーの出来上がり。
健康やダイエット意外にもデザートとしてもアレンジできます。

 

 

 

その他にも、揚げ物にレモン感覚でかけてもサッパリ美味しくいただけます。

 

ドレッシングに混ぜて手作りドレッシングとして使っても美味しいですよ。

 

 

 

 

シークワーサーの栄養を効率的に摂取したい人は青切りシークヮーサー100がおすすめ!

 

青切りシークヮーサー100は、シークワーサーの主成分であるノビレチンをはじめクエン酸やヘスペリジン、ビタミン、カリウムなどを豊富に含んでいます。

 

シークワーサーの効果はあげればキリがないのですが、ダイエット・美白・美肌・疲労回復・コレステロール分解・冷え症改善など様々な悩みのタネとなる症状に効果が確認されています

 

 

自分で美容のために飲みたいお母さんが、家族の健康を気遣って家族みんなで飲んでいるというような人もいらっしゃいます。

 

添加物不使用の果汁100%のシークワーサーの原液ですので、アレルギーや添加物が心配な子どもでも安心して飲ませることができます。

 

ひとりだけじゃなくて、家族全員で飲むことが出来るのは嬉しいですね。

 

 

 

世界一の長寿の村、沖縄県大宣味村産のシークヮーサーを使用

 

青切りシークヮーサー100で使われているシークヮーサーは、7年かけて育てられ、手作業でひとつひとつ実を丁寧に摘み取っています。

 

この村はシークヮーサーの生産・消費ともに日本一でを誇っています。

 

長生きとシークワーサーはなにか関係がありそうですね。

 

 

「青切り」へのこだわり

 

熟する前の青いままの果実を手摘みします。

 

熟する前の緑の時期に収穫した果実を「青切り」といいます。

 

青切りの状態のシークヮーサーは味と香りが濃くフルーティーなのです。

 

新鮮な美味しさをお届けするために、シークヮーサー100プレミアムは「青切り」にこだわっています。

 

 

「皮まるごと搾り」の独自製法

 

シークヮーサーの健康成分は果汁より皮にたっぷり含まれているので、青切りシークヮーサー100プレミアムは独自の「皮まるごと搾り」を採用!詳細はコチラ

 

皮付きの果実を丸ごと手でギュっと搾るように穀物の搾汁機で美味しさを逃がすことなく果汁にします。

 

そのため栄養価も高くなっています

 

 

 

品質や味など本物のシークワーサーにこだわって作られたシークワーサーの原液が青切りシークワーサー100です。
本物にこだわって作られているので自社工場で1から一貫生産されています

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク